冷え性を改善するには

冷え性とむくみの関係ってある?

冷え性とむくみの関係

足のむくみはつらいですよね。多くの女性にとってむくみは大敵ですし、なんとかしたいところです。このむくみには冷え性が関連していると言われています。

 

冷え性になると必ず足がむくむということではなくて、血流が悪くなり、冷えを感じやすくなるとむくみも出やすくなるということですね。血流が悪くなることで皮膚の下に水分が溜まりやすくなり、重力の関係で水分が下にいって足がむくんでしまいます。

 

運動不足と冷え性も関連していると言われていますが、運動が不足して足の筋力が不足してくると血流も悪くなりやすいです。足の筋肉は第二の心臓といわれるくらい重要で、全身の血液を循環させる大事な役割を果たしますが、筋力が不足するとその働きが不十分になってしまうわけですね。

 

ほかには内臓の冷えもむくみに影響してきます。冷たいものを飲んだり、食べたりすると内臓が冷えて機能が低下してしまいます。そうなると自律神経が働き血管が収縮したりして血流が悪くなりやすいです。手足の冷えと比較すると自覚症状が分かりにくくて自分でも気がつかないうちに内臓の冷えを起こしていることもあります。

 

過剰なストレスがあると自律神経が乱れて血管が収縮してむくみも起きやすくなるので注意しましょう。足がむくんでしまうのを防ぐためにも、体を冷やさないように食事に気をつけて、血流を良くする運動も適度に行っていきましょうね。

 

page top