冷え性を改善するには

冷え性になることでどんなデメリットがあるの?

冷え性になることでどんなデメリットがあるのか

冷え性はツライですが、それ以外にも様々なデメリットがありますよね。体の冷えとは関係ないように思えることでも意外と、冷えが関連していることもあります。冷えは万病を引き起こすと言われていて、病気にもなりやすいですね。

 

体温が下がることで免疫も低下するので病原体やウィルスによる感染のリスクが高まってしまいます。免疫が低下すると腸の働きも悪くなります。

 

免疫細胞の6割が腸内に待機していると言われていて、この働きが悪くなることで便秘や下痢にもなりやすくなります。花粉症やアレルギー疾患も出やすくなりますし、風邪を引きやすくなって治りにくくなったりしますね。

 

また冷えによって血流が滞ることで肩こりや腰痛、頭痛なども起きやすくなります。血行が悪くなると肌の状態にも影響してきますね。目の下にクマができやすくなったり、くすみや顔のたるみも引き起こしやすくなります。ニキビや吹き出物、肌荒れのリスクも高まるので美容にとっても冷えは大敵ですね。

 

女性の冷えは妊娠しにくくなったり、ダイエットも成功しにくくなるなどします。血行が悪くなることで子宮や卵巣の機能低下などの生理不順が起きやすく、不妊の原因になりやすいです。

 

ここであげた以外にも冷えが原因で様々な不調を起こし、良いことは全く無いのでしっかり冷え性を改善していきたいですね。

 

page top