冷え性を改善するには

寝るときの冷え性対策ってある?

寝るときの冷え性対策ってある?

冷え性があると寒くて夜、寝付けないこともありますよね。睡眠の質が悪くなって寝不足になるとお肌にも悪いですし、なんとかしたいところですよね。

 

冷え性の方が寝るときに寝付けないのは理由があって、日中の体温と関連しています。通常は日中に体温が上がって、夜寝る時に体温は下がり、その体温の落差で眠りのスイッチが入ります。冷え性の方は日中にあまり体温が上がらないので寝るときもその体温の落差が起きにくく、眠りにくいわけですね。

 

寝る前にストレッチや軽い運動をしたほうがいいといわれるのは、こうした体温の落差を作って眠気を起こしやすくするということです。冷え性の方はこうした軽い運動をすることで眠気が起きやすくなるのでオススメですよ。

 

あとは冷え性の方で靴下をはいて寝る方は多いと思いますが、このときの靴下が締め付けが強いと血流が悪くなってしまうので注意したほうがいいですよ。血流が悪くなると余計に冷えやすくなります。

 

あとは足は熱を放出するので意外と汗もかきやすいです。汗をかいた状態で放置しておくと余計に冷えるので注意しましょうね。通気性がよい素材の靴下をはくようにしましょう。靴下だけでは根本的な足の冷えの改善にはならないので、足首回しの運動をしたり、足の指を動かしたり、マッサージをするなどして血流を改善していくこともやっていきましょうね。

 

page top