冷え性を改善するには

筋肉不足が冷え性を起こすよ

筋肉不足が冷え性を起こす

男性よりも女性のほうが冷え性が多いですよね。どうしてこうした違いがあるのかについては筋肉の量の違いがあると言われています。女性の場合、男性よりも筋肉不足なので冷え性になりやすいわけですね。

 

身体がつくる熱の6割は筋肉といわれるくらいに大事な存在ですが、運動不足で筋肉がついていない女性が多いため冷え性になる方が多いと言われていますね。女性の場合、無理にダイエットして、余計に筋肉量が低下してしまうこともあります。筋肉を作るためにはたんぱく質などの栄養素が必要ですが、食事でそうした栄養素を補わないと筋肉が衰えてしまうということですね。

 

筋肉がついていると代謝もよくなるので運動してないときでも熱を発生させて体温も上がりやすくなります。冷え性を治したいなら運動して筋肉をつけたほうがいいといわれるのはこうした理由があるからですね。

 

時間があればジムで筋トレをするのもオススメです。筋トレしてごつい身体にならないのか心配する方も多いですけど、普通に筋トレしているぶんにはそこまで筋肉はつきませんし、心配はいりません。

 

ジムに通う時間がなければ階段を意識して使ったり、通勤に少し遠回りして歩く距離を増やすのもいいですよ。意識して身体を動かして筋肉不足を解消していきましょうね。

 

page top